Danse traditionnelle japonaise

Makiko Takei. Calligraphe, comédienne et danseuse traditionnelle japonaise



De formation littéraire, Makiko Takei est également diplômée en calligraphie.



Depuis son arrivée en France en 1992, élève de Jacques Lecoq, elle dirige la Compagnie de théâtre Paris Tanoshi. Elle s’est produite, entre autres, à l’Ambassade du Japon à Paris.

En tant que calligraphe, elle est représentante du Centre de calligraphie japonaise à Paris. Aujourd’hui elle suit le travail de ses élèves et expose calligraphies et sumi-e (peinture à l’encre) dans son atelier à Paris ainsi qu'en Inde et en Angleterre.



«Quand je danse, je trempe mon pinceau dans l’encre,

je ressens un plaisir immense. J’existe hors du temps,

le traversant parfois comme le vent.»    

 

 Makiko Takei


 

鹿児島市出身、大学では専攻フランス文学、特にフランス演劇。
共立幼稚園,「こぶとりじいさん」のおばあさん役で初舞台、小学校一年生「大きな大根」で、舞台出演続行、中学校では演劇クラブでシェークスピアなどを研究、高校では演劇部、大学卒業後、早稲田こだま劇場を経て、商業演劇へ転向。銀座みゆき館での自作自演の芝居「掲示板」では女優賞を頂く。

結婚、愛娘藍可誕生後、夫逝去。法律事務所秘書、城山観光ホテルフロントを経て、1992年パリ国際演劇学校ジャックルコックに師事。その間、日本習字パリ支部支部長として、ロンドン、ニューデリー、などに弟子を持ち、アフリカでも日本文化講座開催。ジュネーブで政府後援の展示会開催。

ジャックルコックで演出、演技指導の研究、ソルボンヌでフランス語を勉強しながら東洋語学研究所(INALCO)で演劇指導、1995年INALCOの学生たち、 パリの演劇研究留学生たちと、劇団「たのし」旗揚げする。カサブランカ演劇祭をはじめ、セネガル、ポルトガル、日本富山演劇村日仏演劇際に出演。そのときの出し物は、ジャン ジュネの「女中たち」演出、主演、演技指導を手がける。同時にフランス人の演劇団「Les oranges blues」と競演する。

2002年ラジオフランスのラジオドラマ「ゴースト」(Romain SLOCOMBE 作)で、主演女優賞を獲得。演劇団「たのし」は、能の「班女」「葵の上」の現代劇を日本大使館、フランスアリアンスフランセーズの世界劇場、パリ高等師範学校エコールノーマルスーペイリュールなどで上演、高校演劇の指導にもあたり、脚本、演出をてがける。脚本執筆多数。
現在は、演出、海外公演のかたわら書道塾を主催、指導にあたりながら、都庁主催のTOKYO PROMOTION(2008、2009)で、アトリエ、大字書のデモンストレーションを開催。サンジェルマンデプレで、定期的に展示会を開催。
2010年には、念願の墨絵の絵本をパリIPAGINE 社より発刊、2冊目の絵本は、「JAPAN ETERNEL」として準備中。

20年に渡るパリ生活で、サンジェルマンデプレの画廊「VISCONTI」の企画も担当。日本のアーチストを支援する。モードおいては、多数のパリコレクションに招待出席、あらゆるモードの先駆者と交流、劇団の衣装は、パリのモード留学生を起用し、パリモードの研究にも余念がない

 武井真紀子





 

Contact

 

Makiko Takei

paris.tanoshi@gmail.com

+33 6 64 71 64 51